イチ押しの『真・恋姫†英雄譚 1 ~乙女艶乱☆三国志演義[蜀]~』

『真・恋姫†英雄譚 1 ~乙女艶乱☆三国志演義[蜀]~』のエロ画像と感想を載せているサイトがあります。 ゲームのタイトル画面が載っている緑色のホームページがそれです。 各エピソードのエッチシーンと状況が見られるので、まだプレイしていない人には参考になるでしょう。 今回からグラフィックが新しくなり、横広のワイド画面になっています。 ヒロインも増えていて、最初にそれに合わせて訪れる国を選ぶ必要があります。行ける三国あり、それ以降は選択肢は発生しないそうです。 作品のボリュームはそれなりにあって、途中であるイベントで進行が妨げられるでしょう。どういった意味かは適当に理解してください。順番はどれでもよいですが、定番のルートであれば「関羽千里行」でしょう。センターにいますし、色的にもマッチしています。 スピード感のある激しいバトルもあり、そしてエッチシーンも見られます。 冒頭から突然ある場面には驚きますが、これがなかなかよくてはじめから出してしまいました。それがキッカケになり、この「趙雲妊娠騒動」が始まります。この手の属性を持っている人にとっては、実に『真・恋姫†英雄譚 1 ~乙女艶乱☆三国志演義[蜀]~』のゲームと思います。 姉妹なので区別が付かない印象の馬一族ですが、一人ずつ個性があります。エロイベントでの「馬一門の西涼里帰り」は、野外で行なわれることが多いです。 クリア後にアペンドデータを使いすることで劉備と孫権の話しがあります。当然ながら彼女達ともできます。

封印していた『VAIO』を開放する日

つい懐かしくて手を出してしまいました。 本来であればふくしまのネタにするところが感情を刺激され、 ピンチヒッターの役割を与えられたのです。 さて当時プレイしていたゲームに関係して『VAIO』を選択して いました。もっとも知識が付くまで数年以上も費やし、 決定打を放つまでかなりの無駄を排出していたのです。 土地の関係で隣に住んでいる彼は、おそらくまだノートでしょう。 変更する予定も無く、スペックや構造を理解していないのでは ないでしょうか。 ことを足りているので問題ないのかもしれませんが、 それを伝える手段は残されていません。 間違えて(もしくは一時の病)で入ってしまったのかもしれません。 後悔するのは確定しいます。 メインであったモデルのスペック 私が持っていたモデルは、それこそ『VAIO』が世にデビューした 当時の初期型でした。 今では考えられないくらい重く、そして停止します。 問題は別の所にあり、住居の環境は残しているのでしょう。 普通だと思うくらいで、今では考えられないメインとして 扱っていました。中へ招き入れたのは限られています。 句切っている箇所が視覚で判断できるため、もっと進展していると 勘違いしてしまうことがあるようです。 しかし測ってみるとあまり遠くではないとわかり、落ち込みます。 性能よりもインパクトとか知名度が勝っていることは、 言うまでもないでしょう。そして支持としている存在もあり、 ことは簡単ではないのです。 一種のステータスのような時期であったことがありました。 勉強用と称して導入し、おかけで情報処理の成績は 他に比べてよかったのです。 それだけは上位であったと自負しています。

忘れられない『ボクの彼女はガテン系』がすごい

前の記事の最後の方で予告した話題をご紹介します。 しかしながらこの属性を持っていないまたは、 苦手な人にとっては理解しがたい内容になっています。 そういった状況を再現できるのが、NTRゲームなのです。 代表作の外せない存在であるエルフの『ボクの彼女はガテン系/ 彼女がした事、僕がされた事/巨乳妻完全捕獲計画/ ボクの妻がアイツに寝取られました。』という名作です。 とても忘れられない刺激の強い作品と言えるでしょう。 好きなメーカーのひとつなのですが、更に性癖にピッタリの 内容ということもあり、とてもおすすめです。 しかも選択肢で回避できるような甘い設計などは無く、 確実にしかも巧妙にヒロインが寝取られてしまうのですから、 嫌でも鬱になりました。 わかっていてプレイしているのですが、耐え難く堪えます。 参考にする際に白羽の矢が立つのが、その筋では有名である NTRのホームページ「マジで鬱になるゲーム 『ボクの彼女はガテン系/彼女がした事、僕がされた事/ 巨乳妻完全捕獲計画/ボクの妻がアイツに寝取られました。』」 URL→http://www.ntr.jp/boku-no-kanojo-wa-gatenkei.htmlに プレイしている画像と感想が載っています。 家族に話してみると、受け入れられませんでした。 性別も違いますし、一般的ではないことを再確認します。 服の上からもかわるように巨乳であることがわかるでしょう。 心から鬱になりながらもついヌいてしまったことはヒミツです。 最初は日常の生活から順に説明するつもりでした。 けれども予想以上に熱くなってしまい、悩んでいます。 ヒロイン・美咲との甘い馴れ初め、そして結婚から 出産へと裏で行なわれる計画が間男の視点で進められます。 ストーリーと沿って進行する物語はタイトルにも現れています。 そしてよく『ボクの彼女はガテン系』と略されること多いです。 おそらくこの作品をを越えるものは、しばらく現れないでしょう。 これからNTRに目覚める場合 このNTR(または寝取られ)というシチュエーションは、 限られた一部の熱狂的なファン(私も含めて)によって 支えられている特殊なジャンルであることが理解できます。 万人受けすることはないので、あなたに少し考え直す時間を 与えることにします。 しばらく立ち止まってゆっくりお待ちください。 「いやだから目覚める!」場合は、もっと読み進めましょう。 しかし現実では直面することはあまり無いとは思います。 もしかすると気づいていないだけ(?)かもしれませんが、 本当は知らない方が幸せではないでしょうか。 では覚悟を決めた方のみ新たな世界へ進んでみましょう。 それがNTRでしか得られない気持ちなのです。 もう肌に合わないと感じた場合はストップしてください。

香ばしい臭いがしてくる『テラフォーマーズ』の実写映画

なんと『テラフォーマーズ』が実写映画化されるそうで、 とても嫌な予感しかしません。 異なる人種がたくさんいますし、なによりもゴキブリは どうするのでしょうか。 おそらくCGで量産されると思います。 こういった話題でよい話はあまり聞いたことがありません。 アニメは途中で終わってしまいましたし、 そっとして欲しいものですが、少し流行ると 実写映画化のターゲットにされます。 原作のファンでこれを望んでいる人は 少ないのではないでしょうか。 というか存在しないかもしれません。 違う意味で私は興味がありますが、結果はよくないでしょう。 しかし内容は無視して、作品を製作する側に なにかメリットがあるのです。 公開され、時間が過ぎると誰も憶えていないのでした。 あまりにも酷すぎると悪い例の代表として 記録される場合があります。 もしかすると伝説の『デビルマン』を越える可能性があります。 実際に確認してみないとわからないと言われることが よくあります。けれどもこの場合それは当てはまらないでしょう。 マンガの『テラフォーマーズ』は全部持っているので、 違いはかんたんに理解できます。 本当は中断してもよかったのですが、まだ足りていないという 連絡があり、しかたなく期限まで延ばすことを決意してました。 どういった基準で判断しているかは、調べようがありません。 圧倒的に右に寄っているため、 遊んでいるものに声を掛けている最中です。 予想以上の功績を残していることがあるので、 外から栄養を与えるようにしています。 昔からある当たり前の方法ですが、いまでも影響があります。 こちらも気になる『テラフォーマーズ』のNTR(寝取られ) さて、話題はそれてしまうことを予め断っておきましょう。 実際に見た人もいるでしょうが、なんと『テラフォーマーズ』には、 NTR(寝取られ)のシーンがあるのです。 この話題については次回でご紹介する予定です。 まさに「布石」になっているのが伝わってくるでしょう。 その際は案内を発行します。 ジャンル限定の内容になるので、理解できない人も現れる かもしれません。

サブコンテンツ

固定ページ

このページの先頭へ